読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水星クラゲの音沙汰

人見知りによるストレス発散現実逃避道楽ブログ。

シフォンケーキ作ってみた

吉川文子というお菓子研究家の新刊『バットでつくるスクエアシフォンケーキ』を買った。


f:id:suiseinokurage:20161114161621j:image
基本、この吉川文子さんのお菓子本、外れが無い。(卵が主原料のクラウドブレッドは惹かれなかったけど)

シフォンケーキは、独特な焼き型の扱いが面倒臭そうで敬遠してたけど、箱型で焼くなら簡単そうだと思ったんで。

レシピだと縦21×横17×高さ3のバット使用とあるんだが…。

どこ探してもそんなハンパなサイズのバットなんかないよ…。

結局ブリキ製の箱型18cmの買った。

どうせクッキングシート使うからテフロン加工とかでなくて、いいかーと。

バットを使う利点は高さが無い型を使うから、火が入り易い事。

小麦粉、ちょっとこだわって国産小麦粉の『ドルチェ』にした。スポンジケーキ向きだとか。


f:id:suiseinokurage:20161114161731j:image
クッキーとかスコーンは『クーヘン』っていうの使ってる。

粉物は粉の味で食感と味がかなり違う。最近のレシピ本にも「何々の粉使用」みたいな表記多いし。

最初は半信半疑で国産小麦粉使ってみたけど、食べたら違いに驚いたし。

試しに『カフェモカシフォンケーキ』作った。

レシピだとチョコチップ入れるんだけど、無いから省いた。

ハンドミキサー出して卵白をメレンゲにする所が1番面倒臭いな…。無精だから。


f:id:suiseinokurage:20161114161747j:image
焼き上がり、平た~い感じ。

15cmの型でも良かったかな~とか思ったりもしたけど、半分にして重ねたらデコレーションするのに良さげなサイズかもしれんポジションシンキング。

食べてみた。

んま~~~いっ!(≧∀≦)

しっとり、ふんわり、もっちり!

あ~、店で売っているのより好きな味だ…。

また舌が肥えてしまった。

ただ、お菓子のレシピ本って、『塩』の存在を無視されがちだけど、ひとつまみの塩は必要!

この本にも載ってないけど、入れた。